信頼できる設置業者の見極め方

画像

施工・販売実績の数は?

防犯カメラ・監視カメラ設置業者の信頼度を測る尺度の1つは、やはりこれまでの実績ではないかと思います。施工件数・満足度はやはり大きな信頼の証となります。

防犯カメラ・監視カメラは設置したらそこで終了というものではなく、長く使い続ける上で適切な保守管理を行っていくものになります。ですからすぐに会社が潰れてしまっては困るわけです。ある程度長期間にわたって会社が運営されていて、アフターサービスも長く受けられるところに設置や保守を任せたいですね。特にリーズナブルなプランを提供してくれる業者の場合は、ただ安いだけでなく信頼できる実績があることをポイントに選ぶといいでしょう。

また、取り扱っている防犯カメラの生産国やメーカーも重要です。海外製でも良いカメラはたくさんありますが、安価な海外製品の中には粗悪なものもあります。カメラの性能や耐久性については、お金をケチらずにしっかりしたものを導入することが必須です。パナソニックなど国内大手メーカーでも、業者によってはお得に販売してくれるところはあります。

調査~保守まで自社で一括対応しているか?

信頼できる業者かどうかというポイントとして、現地調査から見積り、工事、保守やアフターメンテナンスまで同じ業者が対応してくれる、いわゆる「ワンストップ」対応であるということが挙げられます。

実績がある業者でも、特に日本全国を営業エリアにしている販売店に多いのですが工事や保守、修理などは下請けの協力店にお任せということがあります。やはり下請けがある場合には工事の品質に差が出てしまいますし、保証制度なども協力店によってばらばらであったりするので当たり外れがあることは否めません。そのため、できれば同じ業者が最初から最後まで面倒を見てくれるワンストップ型の業者を選ぶ方がおすすめです。

ワンストップ型の業者の場合、余計な経費や中間マージンなどを排除することができるということで価格面でもお得になることが多いです。月額有料の保守プランなどもお得に利用できるケースが多いです。品質と価格を両立できるのがワンストップ型の強みです。

保守・アフターサービスは万全か?

防犯カメラは設置後も1年に1回くらいは最低でも定期点検、メンテナンスを行う必要がある機器です。そのため、安さだけでなく保守やアフターサービスが万全である企業を選ぶということも非常に大切になります。保守やメンテナンスを別途専門業者に依頼すると、一回あたり数万円かかってしまうということもあります。ですから、設置工事プランの中にどの程度保守サービスが含まれているかよく確認することは非常に大切です。

また、業者によってカメラが故障してしまった場合の対応も異なります。防犯カメラ自体の耐久性が高くても、どうしてもいたずらや天災など、思わぬ故障のリスクは出てくるものです。

もう1つ、大事な点が購入後の使用方法、運用方法などについて電話などでいつでも無料サポートが受けられる点です。最近の防犯カメラや録画機器はそれほど操作が複雑というわけではありませんが、やはりいつでも操作方法などについて確認できるということは大切ですね。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

マンション利用者500人の口コミ!防犯・監視カメラ設置業者ランキング

防犯・監視カメラ設置のための基礎知識

防犯・監視カメラ設置業者選びのポイント

口コミで評判の防犯・監視カメラ設置業者ランキング