現場で大活躍!工場に防犯カメラが導入される、防犯以外の理由とは?

現場で大活躍!工場に防犯カメラが導入される、防犯以外の理由とは?

さまざまな場所に設置されている防犯カメラ。多くの方は犯罪やトラブル防止など、安全性を考えて設置していると思う方が多いでしょう。 そんな防犯カメラですが、実は防犯対策以外の目的にも使用されていることを知っていますか? 工場では、現場の現状確認やスタッフの育成など、防犯以外の目的で防犯カメラを利用しています。 防犯以外で防犯カメラを導入する具体的な理由について、一つひとつ見ていきましょう。

防犯カメラを設置する主な目的とは?

防犯カメラは、「犯罪防止」「トラブルの記録・検証」などの安全性を考えて設置されています。最近ではコンビニやスーパーなどのお店だけでなく、防犯カメラを設置する一般家庭が増えているのを知っていますか? 不審者はもちろんのこと、いたずらや泥棒対策など、誰もが安全性を重視して設置していることがわかるでしょう。悪いことを考えている人は、監視カメラの存在に気づくと、その場を強く警戒します。

その結果、自分の姿や証拠を残さないために、監視カメラのある場所から立ち去ることで犯罪防止に繋がります。お店や一般家庭で監視カメラを設置する主な理由には、トラブルから身を守るための防犯対策と言えるでしょう。また、関係者以外立ち入りができない工場でも、防犯対策として防犯カメラが設置されています。工場では入館証がなければ入れないため、「同じ職場の人しかいないのになぜ?」と思う方は多いでしょう。

ですが、材料や完成品などの盗難被害、顧客情報や社外秘などの情報流出など、内部でのトラブル防止に必要なのです。しかし、防犯カメラを工場に設置する理由には、防犯対策以外の目的も含まれています。そんな防犯カメラですが、工場に導入する防犯以外の目的には何があるのでしょうか?

工場で防犯カメラが導入される防犯対策以外の理由とは?

工場に防犯カメラが導入される防犯以外だと、作業効率や現場の状況確認のために使用されています。現場スタッフは明らかな変化がない限り、ムダな作業をしていても案外気づかないもの。

そこで、監視カメラを使うと第三者の目で確認できるため、作業効率の見直し・向上に繋がります。監視カメラを設置すれば、工場内の状況確認ができるため、作業中のトラブル改善にも役立ちます。保存された防犯カメラの映像を見直すことで、現場では見つけられなかった原因が明らかになったなんてことも。工場で防犯対策以外に導入される監視カメラは、業績アップや現状の改善といった目的で使用されています。「視野を広く持つことができる」それが工場で大活躍している監視カメラの理由でしょう。

防犯カメラにはどんな種類があるの?

防犯カメラには形だけでなく、それぞれの目的や設置場所に合った種類の機材があります。ここでは、それぞれの種類と特徴について、一つひとつ見ていきましょう。

ボックス型タイプ

ボックス型タイプは、誰もが一度は見たことのある四角い防犯カメラです。コンビニやスーパーなどに使用されていて、典型的な防犯カメラタイプ。カメラとしての性能はもちろん、見た目から防犯効果があるので、対策としてぴったりのタイプでしょう。

バレットタイプ

バレットタイプは、屋内だけでなく屋外でも使用できる防犯カメラ。赤外線が搭載されているタイプが多く、夜間でもはっきりとした映像を確認できるのが特徴です。屋外対応のカメラは防雨効果もあるため、雨が降っていてもバッチリと撮影ができます。小型で広範囲の撮影ができるため、屋外をしっかりと監視するなら、バレットタイプを試してみてください。

ドーム型タイプ

ドーム型タイプは、防犯カメラとしては目立ちにくい防犯カメラです。防犯カメラとしての威圧感がないので、室内の雰囲気を崩すことがありません。工場なら作業現場に設置すると、監視カメラを気にせず作業に集中できます。ドーム型タイプの防犯カメラは広範囲を写せますし、雰囲気を崩さないことが特徴です。しかし、その分見た目としての抑制力がないため、犯行が抑止できないカメラと言えるでしょう。

PTZタイプ

PTZタイプは、レンズのズームやカメラの方向を自由に変えられる防犯カメラです。広い敷地や大きな駐車場など、広範囲を映すには最適。形はドーム型とよく似ていて、設置場所の雰囲気を崩す心配がありません。遠隔操作ができるため、防犯カメラの映像を監視する人がいると、さらに効果的。雰囲気を損なわずに防犯を行うのなら、ドーム型かPTZタイプの防犯カメラを選んでみてください。

工場で防犯カメラを導入するときの注意点

工場内に防犯カメラを設置するときには、以下の項目に注意が必要です。性能の高い防犯カメラの設置する場所にあったタイプの機材を選ぶ防犯カメラの存在をアピールする性能の高い防犯カメラは、解像度が高いので細かい部分まで鮮明に映せることが特徴です。工場の中はとても広いので、性能の低い防犯カメラでは解像度が悪く、作業効率や品質管理の確認が正確にできません。品質や現状の改善に役立てるなら、性能の高い防犯カメラを選びましょう。

工場に防犯カメラを導入する場合、防犯対策として野外にも設置するでしょう。防犯カメラには屋内用・屋外用といったタイプがあるので、設置する場所にあった機材を選ぶことも大切です。屋外に屋内用の防犯カメラを設置すると、本来の使用期間よりも早く故障してしまうので、要注意。また、防犯カメラを設置するなら、カメラの存在をアピールさせることも大切。盗難や情報の流出など、工場内でのトラブルを防止するために、防犯カメラが目立つように設置するといいでしょう。

防犯カメラの使い道は防犯対策だけじゃない

防犯カメラのイメージですが、多くの方が防犯対策のためと考えているでしょう。しかし、工場に導入される防犯カメラの理由には、品質や現状の改善を目的として使用されています。その場では見えなかった作業トラブルやムダなど、カメラを通して確認することで、品質向上へとつながります。また、防犯カメラには設置場所や目的に合ったタイプを選ぶことが大切です。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

マンション利用者500人の口コミ!防犯・監視カメラ設置業者ランキング

防犯・監視カメラ設置のための基礎知識

防犯・監視カメラ設置業者選びのポイント

口コミで評判の防犯・監視カメラ設置業者ランキング