工場の防犯カメラは鮮明な画素数の4Kカメラがオススメ

工場の防犯カメラは鮮明な画素数の4Kカメラがオススメ

数年前から高画質な防犯カメラを設置している工場が増えてきています。
異物混入、農薬混入の問題が数多く報道されたため、高画質の防犯カメラを付けるようになったのが理由です。
また4K対応のテレビが発売されたことで、4Kが世の中に広まりました。
4Kの商品がどんどん増えている中で、防犯カメラにも4Kを使用した商品が発売されています。
工場内や外部の人間をチェックするために、鮮明に撮影できる4Kの防犯カメラを取り入れたのでしょう。
今回は、工場の防犯カメラは鮮明な画素数の4Kカメラをオススメする理由をご紹介していきます。

4Kカメラの特徴

最近では、テレビやカメラに「4K対応」と表示されたアイテムが数多くあります。

4Kカメラや4K対応テレビの4Kとは、解像度の事を示しており、水平解像度が約4000あると判断されたもの。水平解像度とは画質を表す基準値で、高ければ高いほどきれいに見えます。

そんな4Kも、防犯カメラに使われるようになってきました。4K対応の防犯カメラは、解像度を特に重視しているため、拡大してもぼやけることなく鮮明な映像になります。

フルハイビジョンの約4倍となる画素数を持ち、有効画素数1200万画素もあります。解像度も最大で12Mまでありますので、遠くの人物や物までハッキリと美しく見えるのが特徴です。

4Kカメラの種類は年々増えてきており、目的や場所によってさまざまな防犯カメラを選べるようになりました。

バレットカメラ

家庭用屋外によく使用されるタイプ「バレット」は雨が降っても撮影できるよう防水機能を搭載しています。
カメラ本体には雨・風による耐衝撃性があるため、台風の時でも吹き飛ばされることなく撮影が可能です。
また、赤外線機能がついているタイプなら、まっくらな夜でもくっきりと撮影が行えることが特徴。
レコーダーと組み合わせれば、昼間と夜間でモードを切り替えて録画が行えます。
ノイズを検出したらデジタル処理することで、クリアな映像が作れる仕組みになっています。

ドーム型防犯カメラ

ドーム型防犯カメラは、よく病院や事務所などの目立たない箇所に設置されています。
シンプルなカプセル状のデザインで、マンション・ビルなどにも防犯用として取り付けられています。
また、ドーム型防犯カメラは一台で広範囲の撮影が可能で、天井にもそのまま設置できることが特徴です。
耐衝撃性が非常に強く、破壊行為や衝撃に耐えられるように、高い耐久性を持ったカメラとなります。
レンズはハンマーで叩いても衝撃を受けないので、よほど大きな力でない限り、レンズが壊れることはありません。

360度 フィッシュアイカメラ

360度見まわせるフィッシュアイカメラは、さまざまな撮影機能があります。
360度魚眼監視映像で、店内や室内を真上から見ている映像が見られます。
パノラマタイプの映像にも変えられて、180度で2分割された映像が撮影できるでしょう。
さらに、4分割から9分割まで映像が変えられるため、自分が見やすい監視映像に切り替えできるのはメリット。
使用用途に合わせて、使えるカメラと言えるでしょう。

4Kカメラを設置するとどうなる?

数年前から、食品やおもちゃなどに異物や農薬が混入している事件が数多くあります。
混入事件がきっかけとなり、食品工場・生産工場は急激に防犯カメラや防犯システムを導入し始めました。
しかし、解像度が良くないと、作業員がどんなことをしているのかハッキリと確認できません。
もしも、作業員が異物を混入しても本人か確かめられないので、カメラを取り付けている意味がなくなります。
4Kカメラを使用することで鮮明に映像が撮影できますし、遠くにいる人も誰なのか確認できるようになりました。
そのため、作業員の行動を監視できますし、商品の状態も監視でき、作業確認をスムーズにできるでしょう。

また、4Kカメラなら、異物混入や農薬混入といった事件を未然に防げます。
4Kカメラは工場内の食の安全を維持しながら衛生管理も徹底し、事件を未然に防ぐことで役立ちます。

人間だけではなく、製造ラインで動いている装置の異常を見つけられるので、早期発見が可能です。
作業確認や衛生管理を正しく行うことで、企業のイメージはアップしていき信頼度が高くなるでしょう。
さらに、高画質の防犯カメラを付けることでコストパフォーマンスも良くなり、効果的な労働に繋げることができます。
録画できる機器も4K対応なら、鮮明に作業員の動きも確認できるので、変な動きをしている作業員を早々に見つけられるでしょう。

解像度抜群の4Kカメラで決まり!

作業員に不審な動きがないかきちんと確認するには、画素数や解像度が高い4Kのカメラで決まりです。
解像度が高い4Kカメラだと、異物混入や農薬混入を未然に防ぐことができますし、衛生管理もしっかりできます。
また4Kカメラがあると、製造ラインの設置が早々に見つけられますし、コストパフォーマンスにもつながっていけるでしょう。
工場で防犯カメラを設置したいな、ぜひこの記事を参考にして、キレイな監視映像が見られる4Kカメラを試してださい。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

マンション利用者500人の口コミ!防犯・監視カメラ設置業者ランキング

防犯・監視カメラ設置のための基礎知識

防犯・監視カメラ設置業者選びのポイント

口コミで評判の防犯・監視カメラ設置業者ランキング